〜作業部は東平商会の原点です〜

1957年の創業時から開設された部で、当時は東レ株式会社三島工場の払下げ、不要資材の売買、工場構内の運搬を行っていました。 その後製品倉庫作業請負、ボビン・荷造材料検収作業など逐次業務分野を拡大し、昭和44年7月に長泉町中土狩にボビン工場・合糸工場を建設、 東レ株式会社三島工場内のボビン検収作業場を移転しました。また同年10月には東レ工場内清掃作業を独立させ、株式会社富士サービスを設立しました。 現在は、東レ株式会社三島工場の全般的な作業請負及び包装資材の販売を行っています。




東レ株式会社
東レ株式会社は国内はもとより海外の企業も連結し世界に目を向けてグローバルな展開を行っている、国内有数の総合化学企業です。東レ株式会社三島工場は三島駅の北側に10万坪の広大な敷地を保有し、数ある国内生産工場の中でも主力の化学工場として位 置づけられています。この東レ株式会社三島工場では衣料用テトロン長繊維、磁気ベースフィルム・ルミラー、医薬品のインターフェロンなどが生産されています。またバレーボールVリーグの強豪チーム「東レアローズ」もここ三島を本拠地として活躍しています。
東レについてもっと詳しく知りたい方は ↓


TOP PAGE (c)Copyright2001 by TOHEI TRADING CO.,LTD.